TOP

風俗で死ねたら本望だと思っています。だってそれは、快感が死のラインを超えたという事になるのですから・・・きっと想像もできないような凄まじい快感だと思うんですよ。

やっぱり一人はさみしいのでデリヘルもいいですよね。;

奥さんには、もうしわけありませんが、これも男のサガというか単身赴任になってしまってからは、やっぱりさみしさやらなんやらかんやらでついつい、この間人妻デリヘルお願いしちゃいました。せっかくなら若い子がとか思ったりしたのですけど、なんとなく人妻いいなとか思ってやっぱり人妻は、魅力的ですね。人のものって意識がより興奮するのかもしれませんね。綺麗な感じの若い子が来てくれて一通り楽しませてもらいました。人妻っていうと何か違うのかって感じだけどその辺はそんなに経験がないので良くわからないけど、熟成されているっていうか若くてもやっぱりその辺は、こっちのことを考えながら動いてくれる感じがしていいですね。こっちの様子を察知しながらいろいろとしてくれるのでいちいちもっとこうしてほしいとかいう必要なく、最後まで欲望のままに時間を楽しむことができるというかいろんなこと考えない時間を過ごすことができたので正直ちょっとイライラしていた感じもすっきりしました。最後には家事の豆知識なんかをいただきました。


小倉のデリヘルとギャンブルの関係性

ギャンブルが好きな男性は非常に多く、一般的にパチンコを享受している方が大半かと思われます。しかし、最近では競馬がTVCMに流れるなど競馬を楽しもう!というコンセプトを推しだしている動きが非常に目立ってきています。パチンコや競馬の次に人気なのが競輪、競艇ではないでしょうか。競艇や競輪場は競馬場に比べて認知度がそこまで高くなく、レースを楽しめる場所も競馬に比べたらそこまで多くないのでこのような統計になったのかと思います。小倉では競馬場があるのでその効果で潤ってるかもしれません。ギャンブルは自己資産を投資して倍率を加味して賭けていくもので、パチンコもそれに似たようなものになります。競馬等の各レースごとに始まりと終わりがあるものに関しては止め時がはっきりしているので節目で辞めることができますがパチンコ等の場合は確率機ですのでいつまた大当たりを引くのかわからないので非常にギャンブル性のある遊びなのです。ですので熱くなったりして深追いをして大負けするかもいれば連チャンで大当たりを引いて大勝を収める方もいますのでギャンブル好きな方でハマってしまう事もしばしばあります。大勝を収めると大金を得るので心も大きくなり、財布の紐がゆるも事もありますので小倉の街のように近くに風俗店などがあればついつい利用したくなりますよね。福岡県の北九州市の小倉はギャンブルにおける施設が非常に整っており、九州でも随一の娯楽街を誇っています。私が先述したようにギャンブルで大勝を収めた方でデリヘルやファッションヘルス等の風俗店を利用する方は多く、競馬の全レースが終わったあとはデリヘル店が忙しくなるということもしばしばあるようです。特にデリヘルの場合は競馬場近くのラブホテルやレンタルルームを利用すればその場所まで派遣してくれるので利用の際の煩わしさを感じさせません。デリヘル店がおおく利用されている理由はその便利さが大きく関係しており、意外にも価格は控えめで20,000円もあればホテル代込でお釣りが来てしまいます。小倉に限らず風俗を利用する際はかなりの大金を必要とする場合もありますので、ギャンブル等の娯楽を楽しんだあとは利用したくなってしまうので競馬場やパチンコ店の近くで運営しているデリヘルや風俗店が多いようです。そういった地の利を活かして小倉のデリヘル店は小倉を中心エリアに据え、ギャンブルで勝ちをを収めたお客さんをターゲットにしている動きがあります。デリヘルなどの風俗店はお金が結構かかりますので頻繁に利用することが出来ないのでギャンブルで勝った際にぱーっと使ってしまうお客さんも多いので、小倉に限らず全国各地のギャンブルに縁のある土地では同じような動きをしているデリヘル店も多くあるかもしれません。


刺青は全身は勘弁して欲しい

全身に刺青の入った女の子がデリヘル嬢としてやってきてしまってびっくりしました。ある程度のデリヘル嬢なら駆けつけることができるのですが全身に入っているというパターンは初めてでした。風俗嬢になるのですから、ある程度の過去があるのは想像できるのですがそこまでのレベルの女の子だとは思ってもいませんでした。それでもサービスはとても親切で丁寧だったので他の女の子よりも良い印象を持つことができました。それにしてももう少し男の人の感情も考えてほしいなと思いました。あんな感じだとちょっと怖すぎて近づけないというのが本音です。色々とサービスはしてくれましたがこちらからリクエストをすることはできませんでした。なぜかというと、本当に怒らせたら何をされるかわからないという恐怖心が心の中にあったからです。とても無邪気に笑ってくれるのですが本当は何を考えているのだろうかと警戒しながら遊んでいました。自分がビビリなのがよくないんだと思います。